FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰還


4日間、福岡(篠栗)に帰省してました。
あっという間の4日間でした。
家族全員元気だったのが、一番うれしかったです。

それで次の帰省予定なんですが、
1ヶ月後を予定しています。
帰省の間隔が早い!と思われた方が
いらっしゃるかもしれません。が、実は私、
6月に教育実習を控えています。
実習先の学校が福岡県内にありますので、
実習期間中は実家から通うことにしています。
帰省の間隔が早いのはこのためです!

教採合格に向けた勉強、
教育実習で使う教材の伴奏練習、
オペラの歌詞覚え、
早朝のアルバイト、
ピアノの練習
と、
クリアすべき課題の多い5月。それでも、
一つひとつ、確実にクリアしてゆきます。

それでは今日はこの辺で。
おやすみなさい!





スポンサーサイト

帰省


今日、大学での用事が済み次第、福岡に帰省します。
4日間ほど帰省します。

帰省するのはお正月ぶりですが、
家族とは何度か連絡を取り合えてたので、
「はやく話がしたい!」という気持ちが溢れてるわけではありません。
でもやっぱり、
直接会って話ができる、というのが、一番の楽しみです。
帰省するときは、いつもそう。
おかえりー!と言われるとホットな気持ちになります。
ただいまー!と言うのは、ちょっと照れくさかったりします。
それでも言っちゃうんですけどね笑。
不思議です。

久しぶりの更新なのに短文で恐縮なんですが、
生存確認ができたということでご勘弁ください!

岡山に戻ってきたらまた更新します。
その日がくるまで、みなさま、どうかお元気で!

Addio!!





不安を消す方法


こんにちは!
こちら岡山は、ポカポカ天気が気持ちいいです♪

さて、もうすでにご存知の方もいらっしゃると思うんですが、
私は今、某大学の声楽専修に在籍しています。
今月から4年生(最終学年)になって、任される曲数も増えました。
教員採用試験に向けた勉強も本格化してます。

にもかかわらず!

新しくアルバイトを始めたりして、師走な卯月です。



お腹に違和感

で、本題ですが、実はここ3日間、お腹に変な違和感があって、
勉強にも練習にも全く手がつけられないという日が続きました。
水状の鉛がお腹を満たしてるような、いやな感覚です。
友達と話したり、目の前のことに没頭してるときは、
その違和感は感じられないんです。が、
何もしなくなるとその違和感がまたお腹に溜まり始めていたのです。
息が異様にしづらかったです。
ストレス、ではないように感じます。というのも、
イライラや疲れはほとんどと言っていいほどなかったからです。
じゃあ、このお腹の違和感は一体なに?なんでこんなに息しづらいの?
なぜ・・?と問いかけてるうちに、
あることに気が付きました。
-----------------
よく考えたらこのお腹の違和感には、実は身に覚えがあったのです。
このお腹の違和感。これは大学生活の中で何度も味わった、
本番直前の緊張感と同じものでした。
音楽学部音楽学科声楽専修に所属しているため、試験はいつも歌の試験。
学内での演奏会や、学外での演奏会活動など、何度も本番を体験しました。
そういった本番の直前、あるいは本番中の緊張感と、このお腹の違和感、
よく思い返すと、一致してたんです。
ただ不思議なのが、まだ当分、演奏会の予定はないということです。
緊張する心当たりがないんです。だからなおのこと不気味でした。
そこで新たに気づいたのが、このお腹の違和感と本番直前の緊張感は、
感覚は同じでも、その質は異なる、ということでした。



不安

本番前に味わう緊張感は、確かにお腹に違和感があるんですが、
いい違和感なんです。こう、ウキウキが混ざった感じです。
はやく披露したい!という気持ちと、本番独特の雰囲気がミックスされた、
いわゆる、「いい緊張感」ってやつです。
一方、
この3日間で味わったお腹の違和感は、
それはそれは気持ちの悪いものでした。
冷静になって考えた結果、この違和感はおそらく、
「今年中に進路を決めてしまわないといけない」という、
不安そのものでした。
今年中に進路を決めないといけない。でも決められる自信がない。
という、不安。この3日間で味わったお腹の違和感の原因は、
こういった将来への不安、そのものでした。なるほど、
本番前の「はやく披露したい!」という前向きな気持ちとは正反対の、
後ろ向きなオーラが漂ってます。
これじゃイカンと思い立ったこともあり、
昨日の記事では自戒を改めて確認したのです。



不安を打ち消す方法

前向き思考を取り戻しただけでは、
お腹の違和感・・即ち、不安が消えることはありませんでした。
では、何をすれば消えるのか・・?考えました。
そして一つの答えを出しました。
勉強&練習をすることで、この不安は消えるのではないか、と。
前向きなオーラに満ちているとき、あるいは本番を前にしてるときは、
決まって、なんでもこい!な状態になってます。
なぜ、なんでもこい!と思えるのかというと、やっぱりこれは、
練習量(勉強量)が多かったからなんです。
不安なんて、微塵もない状態。どうかすると、本番中のミスですら
味方にしてしまうような、本番そのものを楽しんでる状態。
そういう状態を作るためにも、練習と勉強は毎日少しづつ、
忘れずにやっておかなきゃ、ですね。
(シンドイですけど!)



シメ

お腹の違和感のせいで勉強にも練習にも全く手がつかなかったと、
私は冒頭で述べました。でも本当は、
勉強にも練習にも全く手をつけなかった。だからこそ、
お腹の違和感は生まれた
のかもしれません。
ただ、大学4年になってからの不安は、近年稀に感じる、
予想以上にでっかい不安だったので、前者と後者の比率は
半々だと踏んでます。とにかく、やることやります。
そんな所感です。

でですよ!

勉強と練習は楽しみを持ちながらやると、
効率・健康ともにいいみたい
なんですよ!

なぜかって?
長くなってしまったので、
それはまた次回にご紹介します笑。

読みづらい部分、あったかもしれませんが、
ここまで読んでくださってありがとうございました!
また次回、お会いしましょう!

(いやー長くなってしもうた。文章の上手い人は、
短文でも言いたいことを述べ切れる人!文章の上手い人に、
なりたい!いや、なる笑!もっと頑張れ自分!)




前向きであること


大学4年生になって、
ものすごい速さで流れていく日々の中、
忘れかけてた自戒・・・

今一度、自分に言い聞かせる!

前向きであること!!

今一度!

前向きであること!!

中学生の頃から心掛けてきたこの自戒。

移りゆく時間の中で、失いかけたかけがえのない自戒。

本当の意味で自分の能力にする時期がきた。

どんな事態が起ころうとも、前向きにとらえる。

そういう心構えを忘れず、

私は今日もまた、

生きてゆく!







つらいことがあったとき


つらいことがあったときって、
どうしていいのかわからなくなります。
こういうとき、

私を応援してくれてる人に恥じない行動をとろう。

と決意し行動することで、
未来は拓けるように感じます。

(真面目な記事でごめんなさい・・)









惚れた言葉


問題

昨日、大学の帰り際に、
友人2人(いずれも男)に、
ふと、こんな質問をしました。

「しばらく二人で黙っているといい。その沈黙に耐えられる関係かどうか。って言葉があるんだけど、これについてどう思う?黙ってられなかったらいい関係なんかな?それとも、黙ってられたほうがいい関係なのかな?」

すると、友人Aはこう応えた。

友人A「どっちもあるんじゃないか?沈黙が心地いいときだってあるし、どうしてもしゃべりたいときもあるじゃないか。」

なるほど確かに・・と感心していたら、友人Bはこう応えた。

友人B「下ネタが話せるかどうかで親密度は測られる。」

問題に則した応えじゃねーし笑!とか笑いながらも、確かに、
友人Bの言い分には一理ある。親しくない間柄で下ネタなんて、
確かに言えない。てなこと言ったら、

なぜか下ネタトークが始まった。



好みのサイズ・年上年下

友人B「〇〇(私の名前)はどんな胸が好き?うずめたくなるような胸?小ぶりな胸?チョンチョンしたくなるような胸?揉みしだきたくなるような胸?」

友人A「チョンチョンわろた笑。」

私「大きすぎず小さすぎずかなぁ。カップで言うとC~Dカップぐらい。」

友人A「Cカップ好きは正解に近い♪ってやつか笑!」

私「バスト占いの歌か笑。懐かしいな笑。友人Bはどんな胸がお好きで?」

友人B「俺は貧乳派。それからさ、年上か年下だったらどっちがいい?」

私「年上の人の魅力には引かれるし、年下の子を引っ張っていきたい気持ちもある。ダメだ選べん笑。」

友人B「マジか。俺はやっぱ年上がいい。頼れる部分があるし、わがままも許してくれそうだし。年下は世話が大変だから願い下げ・・。」

私「なるほど!友人Bは年上派か。友人Aは年上と年下、どっちがいい?」



惚れた言葉

友人A「俺も年上かな。甘えたい。」

私「甘えたいのか笑。」

友人A「ああ。甘えたい。でもな・・」

私「でも・・?」

友人A「普段は甘えてたいが、いざというときに心の支えになれる男でありたい。」

私「ちょっとまった。惚れたわ今の言葉。普段は甘えてたいけど、いざというときは力になれる男でありたい・・って。」

友人B「俺も大体同じ感じ笑。」

私「2人ともかっこよすぎる笑。そういう信念をちゃんと持ってるところに感動した。」

友人B「まー相手がおらんと始まらんのだけどな笑。」

友人A「俺には無縁の話だ笑。」


・・・と、

突発的に始まった下ネタトークでしたが、

なんとか、真面目な感じで締めくくることができました。


このあとは大雨が降ったり台風並みの強風に見舞われたりで、

話題が尽きることはありませんでした。

テンションがもう、些細なことで抱腹絶倒してしまうような
状態にまで高ぶってたので、心地のよい腹痛を小一時間ほど
味わっておりました。

何はともあれ。私にとっては
素晴らしい名言、惚れる言葉を聴くことができたので、
特に充実した日となりました。

つくづく思いますが、
オチのつけ方、回収の仕方、話のシメ方って、
大事ですね!









仲間のためにできること


今日。

友人2人と語り合って、私は確信した。

私は小さい。そして、弱い。上に、
思いやりの気持ちと責任感が、
ほとんどない。

ただ、ここで悲観するのは違う。

悲観し、悲劇のヒロインを演じて悩むふりをするのは、
もうやめにする。

本当に仲間のことを思っているのなら、悲観するよりもまず、
仲間のために何ができるかを考え、行動に移すことが筋。

悲観すれば暗い気持ちになる。そしてその暗い気持ちは、
必ず仲間にも伝わってしまう。余計な気を使わせてしまう。

恥ずかしいことに、私には仲間に対して
気負いがある。立場は対等であると、頭では分かっているのだけれど。
ただ、このことを仲間に伝えればまず間違いなく、
励ましと受容の言葉が返ってくる。みんな心の底では思っている。

いざこざや衝突、それら全部をひっくるめた上での、
認め合える、笑い合える、そんな関係でありたいのだと。

少なくとも私は、そう願っている。

ずっと一人の道を突き進んできた私にとって
仲間たちのサポートをすることはおそらく、
簡単なことではない。でも、そんな私にすら
賞賛の言葉を、受容の言葉を、疑問の言葉を、馬鹿な言葉を、
たくさんかけてくれた仲間たちに、私は、
私にしかできないことをもって、
仲間たちの力になりたい。

誰かのために自分の力を使いたいなんて、
考えたこともなかった。ずいぶんお人好しに
なってしまった。どうした自分。
でも迷いはない。

自分の思いを伝えるために言葉は必要。でも、
行動は口以上にモノを言うものだと私は信じている。
もちろん、的を射た発言も心掛けてゆく。
始めは失敗の連続だろうけど、そりゃま、
なんでも始まりはそんなもんだ。
責任感をもって。けれど気軽に。されど、
いざというときに力になれる存在に。

私はなる。








男子力


挨拶

こんばんは!笑顔です。

最近、男子力 について、なるほど!と思える話を聞けたので、

紹介しておきます!




はっきり言って!

3月末、大学の食堂で、声楽仲間と楽譜作りをしていたときのこと。

それぞれが久しぶりに会ったということもあり、

お互い、話に花が咲いていました。

私は友人M(女性)と話をしていました。

なにげなく会話を楽しんでいた私と友人M。

話の途中で私が、「あ・・やっぱいいや笑」 と、

自分の話を最後まで言わずに終わったとき、

事件は起きました。

私の 「あ・・やっぱいいや笑」 という発言を聞くやいなや、

彼女は笑顔を保ちつつも声を荒らげてこう言いました。

友人M「あーもう!はっきり言って!最後まで話して!草食系か笑!」

こーの言葉がですね、ズキュンと私の胸に刺さりました。

ただ、私も考えなしに話を中断したわけではないので、

「いや、言っていいものかどうかわからんかったからやめといたんよ!」

と言いました。

すると彼女から、いい言葉を聞けました。




男子力

友人M「言ってみなわからんやろ!ダメだったらダメって言うし!ダメじゃなかったらいいよって言うし!」

この言葉に私は感動しました。

特に、ダメだったらダメって言うから!という言葉に感動しました。

草食系男子によくある、

「どうする?こうする?これでいい?これがいい?」という、

相手のことを気遣うあまり、相手の顔色を伺いすぎる発言。

これじゃ確かに、女性側に選択する自由はあれど、自由度が高すぎて、

女性側は返答しづらくなってしまいます。

男子力を身に付けるにはまず、

「こうしたいんやけど!どや!」 と、

自分の意志をはっきりと伝えることが大切なんだと、

この日、思い知らされました。

でもこうやってはっきり言ったほうが、男側にしても爽快感を味わえますし、

女性側の意見を聞くことで白黒はっきりつけられるというメリットがあります。

いやいやこれはもしかすると、

人間力 にも通じる話かもしれませんね!


恋に勉強、遊びに仕事!

学びが潰えることはない!









ブログの背景


こんばんは!笑顔です。

新年度を迎えたのでブログの背景を変えようとしたんですが、

素敵なテンプレートが多すぎて決められない笑!
(※テンプレート=ブログの背景)

特に「共有テンプレート」には背景にしたいものがズラリと並んでまして、

気に入ったものは全てダウンロードしたものの、

背景に反映できてないという現状。

おもしろいので、この現象をわかりやすくまとめてみました。


①、気に入ったテンプレートを発見する。
②、とりあえずダウンロードする。
③、①・②を繰り返す。
④、気が付いたらテンプレートがたくさん溜まってる。
⑤、どのテンプレートも好きで取捨選択できない。
⑥、結局今まで通りの背景でやり通すことになる。



ザ☆優柔不断!


これじゃー意味ないですね。

せっかくダウンロードしたのに使わないんじゃ、

宝の持ち腐れですよね・・っと、ちょっと待った。今気付いた。

本気で好きなのが一つもなかったということに。

いや、まず間違いない。確かにどのテンプレートも、

それぞれに個性があって好きな部分が必ず存在するのだけれど、

うおおおお!これじゃあああ!

ってなるテンプレートは1枚もなかった・・。

うわ・・なにこれ・・

恋愛とかにも言えることなんじゃないのこれ・・

うわ・・ちょっと・・

こりゃすごいことに気が付いてしまったかもしれない・・


というわけで、うおおお!これじゃああ!ってなる背景と出会うまでは、

もうしばらくこの背景でやり通します。

元気の出るオレンジ色。哀愁漂う夕日の色。好きなんですけどね。

この目にズキュンとくるものに出会うべく、

もう少し遠回りします。


ではでは、明日もお元気で!










検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。